仕事効率を上げるなら環境の改善を!

高収入のカギは仕事場選び

仕事場の種類

フリーランスになると仕事場を自分で決められるようになります。選択できる仕事場の種類には色々ありますが、中でも自宅を仕事場にしている人は多いようです。他にもコワーキングスペース、シェアオフィス、レンタルオフィスなどが人気です。
さて、仕事場としてどれがベストなのでしょうか。さすがにこれは一概に決めることはできません。なぜなら何を重視するかによってどの職場がベストなのかが変わってくるからです。しかし仕事場を選ぶ際にはポイントがありますので、それを下記にて紹介していきます。

仕事の環境

仕事をする際の環境というのは非常に大切です。なぜなら環境によって仕事の効率が変わってくるからです。デスクやパソコンに向かう事が多い方は、デスクやチェアにこだわるべきでしょう。作業のためのデスクやチェアの違いで仕事のしやすさがかなり変わります。座り心地が悪いチェアで長時間座って仕事をしていると疲れがたまってきて仕事の効率が落ちてしまいますし、デスクにも同じことが言えます。どのようなデスクとチェアを選択するかは、仕事環境の中でも重視するべきポイントになるでしょう。
また、仕事中に目に入ってくるものにも気を使うことが大切です。風景や内装、照明などの違いで仕事場の雰囲気はがらりと変わります。仕事場の音も環境作りの上でのチェックポイントになるでしょう。音に関しては、静かな環境で働きたい方と少し音がしたほうがいいという方に別れるかと思いますので、好みの環境を作るようにしましょう。

アクセス面と立地

仕事場へ、または仕事場から顧客先へのアクセスが良いかどうかという点も仕事場を選ぶ際の重要なポイントになります。その際に最初に考慮するべき点は、自宅から通いやすいかどうかという点でしょう。もしある程度決まった顧客と業務をしているという方でしたら、次に優先するべきなのは職場と顧客先との距離ということになります。職場から複数の顧客先へ訪問するという方は、交通ルートや訪問回数などを考えてベストな場所を選択するようにしましょう。フリーランスの場合、これに当てはまる方が多いのではないでしょうか。

コスト面

仕事場を用意すると当然コストが発生します。経費と見なされるとはいえ、コストは収入に影響を与えますので大切なポイントになります。コストを考える際には、あらかじめ妥協できる部分とできない部分をはっきりさせると良いでしょう。たとえば「できるだけ静かな環境を選びたい」といったように、ここだけは譲れないというポイントがあるならあらかじめ書き出しておきましょう。

セキュリティ

職種によっては仕事で扱うものが他人に見られてはいけないケースがあります。エンジニアの方などは個人情報や企業情報を扱うことが多いため、セキュリティ面には気を使う必要があるでしょう。仕事場を選ぶ際には、大事な電話の声が聞こえてしまったり資料やパソコン画面が他から見えてしまわないかきちんと確認しましょう。

※仕事場で変わるフリーランスの年収へのお問い合わせ※