仕事効率を上げるなら環境の改善を!

仕事スペースを作るコツ

集中できるスペースを作る

自宅を仕事場にしている人が仕事スペースを作る際に一番大切にするべきことは「仕事に集中できるスペースを作ること」です。これを基本にしてスペースを作っていくようにしましょう。自宅を仕事場にしたばかりの人にありがちなのが、ソファーやダイニングテーブルといったデスク以外の場所で仕事をするようなケースです。一時的な気分転換としてその位置へ移動するのなら良いですが、これから先ずっとその場所を定位置にするのには相応しくありません。一日に何時間も同じような姿勢を取るわけですから、正しい姿勢で仕事ができるようにきちんとしたデスクやチェアのある場所で仕事をしましょう。
そして、仕事に集中するためには仕事に必要なものがすぐ近くにあることも大切です。逆に言えば、周りに余計なものを置かないように心掛けるということになります。雑誌やゲームなど仕事とは関係ないものが手の届く位置や視界に入る位置にあると集中して仕事をすることができません。できるだけ部屋の中には置かず、最低でも離れた見えない位置にしまっておくようにしましょう。

使いやすさを追求する

次に意識するべきことは、仕事で使う物の使いやすさを追求することです。普段はあまり意識しないかもしれませんが、デスクやチェアは仕事をしている間ずっと使っている物になります。ですからまずはデスクとチェアの使いやすさを追求しましょう。高さ、角度、広さなどが使いやすさのポイントになります。新たに購入する場合にはそのあたりをしっかりチェックしましょう。既に使用しているデスクやチェアがある場合、角度や高さを調整してベストなポジションを探します。普段仕事をしていて妙に疲れるという方はこれらの調整ができてないことが原因かもしれません。
デスクの配置ですが、パソコンを利用する方は窓との位置関係が大事です。モニターに光が直接あたると反射して見づらくなります。光が差し込むほうに向かって座るように配置するのが良いでしょう。メモができるボードを壁に掛けたり、雰囲気を作るために写真を飾ったりするのも良いでしょう。また、適切な照明も必要です。

オフラインの作業効率を考える

次にするべきことはオフラインの作業のしやすさを考えることです。勤務時間のほとんどがネットに繋いでいるという方は多いかと思います。そういった方でも請求書や書類の作成、郵送といったオフラインの作業は必要になります。この作業を効率良く行うためのスペースを作りましょう。できれば専用の棚を用意して、書類をクリアボックスやファイルなどで保管して収納すると良いでしょう。ファイルなどは種類で色分けしておくと便利です。探したいものをすぐに見つけられるかどうかが一番大事なポイントです。他にも収納性、使いやすさ、見た目、堅牢性などを考えて収納用品を選択して配置しましょう。