仕事効率を上げるなら環境の改善を!

作業用デスクを選ぶポイント

幅の広いもので作業効率アップ

デスクを選ぶ時のポイントで一番重要なのはデスクの幅です。デスクの幅は作業スペースの広さに直接結びつきますので、なるべく幅のあるものを選ぶようにしましょう。具体的には110センチ以上のものが便利です。その理由はパソコンのモニターを2台置けるスペースがあるからです。現在モニターは1台しか使っていないという方も書類や資料などを広げるスペースとしてこれぐらいの幅が必要でしょう。またモニターに関してですが、作業効率を考えて後々2台目を購入する可能性を考慮して広めのデスクを選ぶようにしましょう。あとは部屋やオフィスの空いたスペースと他の家具等の配置などを考えて選ぶようにしてください。

デスクの奥行きが姿勢に影響

デスクを選ぶ際には幅ばかり見がちですが、奥行きもまた重要なポイントになります。奥行きがないデスクの場合、モニターとキーボードを置いただけで奥行がギリギリになります。これではモニターまでの距離が近すぎて目の疲れに繋がってしまいます。またキーボードの位置が手前すぎると腕を置く場所がなくなってしまい腕や肩、背中の疲れに繋がります。もし部屋のスペースの関係上奥行きのあるデスクが選べない場合、アームレストが付いたチェアを選ぶことも考えてみてください。

がたつきを防止するには

せっかくデスクを購入したのにタイピングしたり書類を書くたびにデスクが揺れてしまうようでは困ります。デスクががたつくケースとしては、どうしてもラグが敷いてあるところと敷いてないところをまたぐ形でデスクを配置しなければならなかったり、床が傾いているような場合が考えられます。また、デスクを長年使うことで経年劣化してがたつきが発生することもあるでしょう。こういった場合、アジャスター付きのデスクならデスクの足の高さを個別に微調整することができるのでがたつき防止になります。

デスクワゴンで収納性と利便性アップ

デスクには引き出しが付いているものと付いていないものがあります。引き出しが付いているものなら収納に便利なのですが、付いていないタイプの場合はデスクワゴンを追加すると非常に便利になります。もしこれからデスクを選ぶ場合は引き出しのないタイプのデスクにデスクワゴンを追加するのが良いでしょう。最初からデスクに引き出しが付いていると、デスク自体がかなりの重さになるため移動するのに不便です。デスクワゴンは上に物を置くこともできますので、収納性や作業効率のアップのためにデスクワゴンは是非とも導入したいところです。