仕事効率を上げるなら環境の改善を!

最適なデスクチェアの選び方

自分のワークスタイルを考える

仕事をしている最中の姿勢には大きく分けて2種類あります。前傾姿勢と後傾姿勢です。デスクチェアを選ぶ際にはまずは姿勢について考える必要があります。前傾姿勢はその名の通り、前に傾いた姿勢のことを言います。たとえば書き物をしたり読書をするように、デスクや地面と水平なものを見る際に適した姿勢が前傾姿勢ということになります。後傾姿勢は反対に背もたれを使うような姿勢のことを言います。デスクに置かれたパソコンの画面を見る際に適した姿勢です。
さて、あなたが仕事をしている時間の中で最も長くとっている姿勢はどちらでしょうか?姿勢はそれぞれのワークスタイルによって変わってきますので、まずはワークスタイルからベストな姿勢は何なのかをはっきりさせるようにしてください。これでデスクチェアを絞り込むことができます。

身長とデスクチェアの関係性を知る

身長や座高によってマッチするデスクチェアは変わってきます。チェアには高さの調節のできるものとできないものがあります。調節できるものなら問題ありませんが、調節ができないチェアを選ぶ場合には実際にお店などで座ってみることをおすすめします。チェアによってはヘッドレストが付いているものや、背中から肩にかけて硬い部分のものがあります。身長が合っていないとヘッドレストの位置が合わなかったり、硬い部分が肩などに当たるなどして座り心地に影響が出てしまいます。最近は多機能なものが増えてきており、高さだけではなく角度やアームレスト、ヘッドレストの位置を調節できるものもあります。各部分が調節可能なものを選ぶと快適な座り心地を得ることができるでしょう。

選択を失敗すると腰痛の原因にも

デスクチェア選びを失敗すると腰痛などの原因になることがあります。たとえばクッション部分の柔らかいデスクチェアは一度座ってみるとたしかに座り心地が良いのですが、長時間座っていると腰痛の原因になることがあります。腰痛を避けたいという方や現在腰痛を持っている方なら、腰などに負担がかからないように設計されている人間工学に基づいたタイプのデスクチェアを選ぶことをおすすめします。

メッシュ素材のデスクチェア

家具店に行くと、メッシュ素材を使ったデスクチェアをよく見かけます。たしかに見た目は良く、これに座って仕事をすれば仕事がはかどりそうな感じはします。しかし本当にメッシュ素材のものは良いデスクチェアなのでしょうか?メッシュタイプのものは他の生地のものと比較して座った時に深く沈み込むようになっています。このため体重が重い方ですと姿勢を維持するために筋力を使うことになり、腰や背中の負担に繋がります。また、どこか1ヶ所破けるだけで強度が落ちるため、耐久性にも不安があります。メッシュ素材のチェアはたしかにお洒落ではあるのですが、それ以外のポイントで見ると不安なところがあるため仕事用として選ぶ際には注意が必要です。