仕事効率を上げるなら環境の改善を!

在宅案件の探し方

発注企業を見つける

在宅案件を探すにはまず発注企業を探すことから始めましょう。在宅でできる仕事は多いものの、募集自体が大々的に行われているわけではないため、在宅案件を探す方法はかなり絞られることになります。発注企業を見つける方法としては、ネットなどの求人で見つける、エージェントに登録して自分に合った仕事を紹介してもらう、セミナーなどに参加して見つける、コネクションを利用するといった方法が考えられます。どの案件にも共通して言えることは、専門スキルや経験のある人を募集している案件が多く見られるということです。
もし未経験者でも歓迎という仕事を見つけたいのであれば、ネットを利用して探すのがベストな方法になるかと思います。中には親しい方のコネクションなどがあって未経験でも任せてもらえるというようなケースもあるようですが、これはまれなケースと言えるでしょう。当たり前のことですが、在宅案件を探すのであればこれまでの自分の経験や持っているスキルを活かせる仕事を探すようにしましょう。

在宅案件を探す際のポイント

ここでは在宅案件の見つけ方を職種で分けて紹介します。
まずエンジニアやプログラマなどの技術系の仕事を探したいという方ですが、これらの仕事に求められることは専門性と経験があるかどうかです。ですから発注企業に対して自分のスキルをアピールすることが必要になります。アピールの場としてはネットを利用する方法が考えられます。他にもエージェントを利用してアピールして、案件を探すという方法も人気です。
次にデザイナー職です。自宅を仕事場にしているデザイナーの方は多いかと思います。デザイナー職もプログラマなどの技術系の職業と同じように、自分の技術をアピールすることが重要になります。アピールする方法としては、ネットを利用して自分の作品を紹介したり、ネットのコンペに応募してみるといった方法があります。クラウドソーシングでは企業やお店のロゴやデザインの募集があり、多くのデザイナーが自分の作品を応募しているようです。
未経験でもできる在宅の仕事にデータ入力の仕事があります。データ入力の他にも、会議などの録音テープをパソコンを使って入力する「テープ起こし」などもここに含まれます。こういった仕事の場合、この仕事自体の経験は求められませんが、タイピングの速度と正確性などが求められます。仕事自体はネットで募集されていることがあり、時間内に仕事をこなせるかどうかあらかじめチェックされることもあります。その他の専門職などについては、その仕事で求められるスキルを自分からアピールすることが大事です。ネットを上手く活用しましょう。